老舗の喫茶店「ヘッケルン」(虎ノ門)のジャンボプリンとババロア

今日も、固めのプリンが美味しい!と評判のお店、ヘッケルンへ。
名物のジャンボプリン、タマゴサンド、ババロアを食べに私が通っている喫茶店です。
店構えから“純喫茶”を漂わせているお店で、 半世紀ほどそこでお店を営まれているとか。(創業1971年、50周年を迎えた老舗)

ヘッケルンお店の外観
目次

ヘッケルン (虎ノ門・新橋エリア)

店主(マスター)の話だと、お店近辺の会社に勤めている会社員がヘッケルンへ通うようになり、奥さんやお子さんたちを連れてお店に見えるようになって、そして、お孫さんまで連れてきてくれるという3世代、時には4世代でお見えになるお客様もいらっしゃると嬉しそうに話されている様子が印象的でした。

後から調べて知ったのですが、テレビ番組『マツコの知らない純喫茶グルメの世界』(2016年3月放送)でも愛好家から紹介されていたみたいですね。

メニューを見ても、純喫茶感がでていて、どれも食べたくなる~。

店内にはいくつか張り紙がされています。

店内のルール

「寝ないでください」
お昼を食べたサラリーマンが食後にコーヒーを飲んでウトウトしてる様子が目に浮かぶ……

「喫煙OK 3本まで」
3本までならいいんだーwww

コーヒーはサイフォン式で、カウンターにはいくものサイフォンが並んでいます。長年の仕事が体に染みついた店主は、まるで踊っているかのようにテンポ良く、手際よく注文されたものを作り上げていきます。
その様子を見ていても飽きない!

カウンターに座り、ブレンドコーヒーとお目当てのジャンボプリンを注文。
「うちには普通のプリンはないよ!全部ジャンボプリンだから」と笑顔の店主。
サイフォン式はコーヒーが下に落ちていく様子を眺めているのがとても楽しい。
コーヒーのいい香りが狭いお店の中に漂ってくる。

ほどなくしてコーヒーとジャンボプリンが到着!

特製ジャンボプリン

ヘッケルンのジャンボプリンとコーヒー

昔ながらの固めのプリン

カスタードのいい香りとなめらかな舌触り。
ほんのり苦いカラメルはほどよく甘い。
その甘さが後を引かないでさーっと口の中で溶けていくから、続けて食べたくなる絶品プリン!コーヒーとの相性もバツグンです。

超個人的な感想。
このプリンは、1998年(平成10年)に閉館した神奈川県箱根町にあった強羅ホテルで出されていたプリンと同じ味わいを感じました。
私は強羅ホテルのプリンが大好きだったので、懐かしさも相まってこのヘッケルンのプリンが一瞬で大好きになりました。また食べたい……

プリンの上には、店主がプリン容器の底からかき出した「粘りのあるカラメルソース」がかかっています。写真でもキラリと琥珀色に輝いていますよね。

素材である卵の味わいはもちろんのこと、ねっとりしたカラメルソースの部分にも店主のこだわりがあるそうです。ぜひ皆さんも味わってみてください。

ちなみに、この特製ジャンボプリンは400円です。(2020年11月現在)

森さんのレトロプリンのレシピ

店主の森 静雄さんが50年以上守り続けているプリンのレシピは『NHK幸せのプリン』という番組でも紹介されていたようです。 (2018年8月放送)

カラメルソースの材料は、砂糖と熱湯。
プリンの材料は、牛乳・卵・グラニュー糖・バニラエッセンス。

とてもシンプルな材料です。カラメルソースは添加物なしで1時間以上も煮詰めるという手間をかけた手作り。詳しいレシピは番組名を検索すると出てきますが、 私はお店に食べに行きたいのでここでの紹介は割愛します。

自慢のプリンの作り方を公開するなんて・・・おいしいプリンを食べたい人への愛情と「 添加物が入っていないから大企業では絶対真似できない」という自信が表れていますね。

蒸し器を使って作る特製ジャンボプリンはお店を代表する大人気メニューです。数に限りがあるので売り切れてしまうこともあります。

ババロア

ここはプリンが名物ですが、もう一つの名物がありまして、それは……
ババロアです。店主のソースに対するこだわりがつまった渾身のババロア。

※ご注意【2021年10月追加情報】 完全予約制はやめて、仕入れができたときに作れる数だけつくり、売り切れごめん制度にするそうです。

ババロアは完全予約制(でした)

コロナ前までは、ババロアはお店にあるカレンダーに正の字を書いて予約するものでした。予約するために人が集まりすぎてしまい、人数分を確保するためにお店の冷蔵庫が圧迫されることから、2021年11月から完全予約制ではないそうです。

店内に貼ってあるカレンダーを見ながら事前に予約してたのが懐かしい。

ユニークな予約方法(でした)

店主にババロアのことを伝えると、冷蔵庫に貼ってあるメモ用紙と赤ペンを渡されて、来店する日に、「正」の字を人数分書いていきます。

ヘッケルンではカレンダーにペンを入れて予約が必須

来月分はあと2人分と言われたので、迷わずメモ用紙に棒を2本追加してきました。ちなみに、ババロアは450円です。(※金額は素材によって異なる場合があります。)

ババロアのソースは月によって変わる

これが店主のソースに対するこだわりがつまった渾身のババロアです。

2021年10月・11月:山ぶどうソースのババロア
ヘッケルンのババロア2021年10月

久しぶりにババロアを再開したと聞いて食べてきました。人が集まりすぎてしまうので、ババロアは予約制ではなくなっていました。毎月25日前後(木・金・土曜)、ババロアソースの仕入れができたときに限って作るそうです。

2020年12月:イチゴソースのババロア
ヘッケルンのイチゴソースのババロア

イチゴソースのババロア。この時のソースの苺は、栃木のあまおうを使ったと聞きましたが、素材の甘味が超絶美味しかったです。

2020年11月:レモンソースのババロア

広島産の無農薬のレモンを使ったソースです。皮の苦みがババロアのほのかな甘さを引き立てていました。ミルクソースを混ぜて味が変化するのを楽しめます。

2020年10月:山葡萄ソースのババロア
ヘッケルンのババロア2020年10月は山葡萄ソース

今月はめずらしく山葡萄(やまぶどう)のソースでした。ソースの味はさっぱりとした奥深い酸味にほどよい甘さ。

一口食べた瞬間、心の中で「うまい!」と叫んでいました。

ババロアのソースは3日~4日かけてつくるそうです。良い仕入れができた食材を選ぶため、ソースの種類は固定ではありません。店内のメニューには”パイナップルソース”と書いてありますが、実際には月によって違います。

「今月のババロアのソースは何かな~?」と考えるのも、お客さんの楽しみなんでしょうね。

材料も手間もかかっているのにお手頃な価格設定です。店主曰く、ヘッケルンのババロアは「お客様への感謝の気持ち」だとか。

ババロアも材料からこだわって作っているので数に限りがあります。
もし、ババロアも食べたい……と思った方は、ぜひ月末あたりにお店に行ってみてください。

食事・ドリンクメニューと価格

喫茶店ヘッケルンのメニュー2020年11月版

食事はトースト250円をはじめ、ジャムトースト、チーズトースト、ハムサンド、野菜サンド、タマゴサンド、ツナサンド500円などの軽食があります。

モーニングセット

上の写真のボードには書いてありませんが、AM8時~11時まで500円のモーニングセットがあります。トースト、サラダ&ゆで卵、コーヒー(紅茶も可)のセットです。

(上の写真は2021年10月時点の価格(税込)。支払い方法は現金のみ。)

※ネットの口コミ情報の価格は、情報が古くて間違っていることがありますのでご注意ください。実際に店内で掲示されている価格が正しい情報です。

チーズトースト 430円

手作りのタマゴサンド 430円

ヘッケルンのたまごサンド

タマゴサンドは注文した後に、卵をつぶすところから手作りでした。食パンもふんわりしていて、とても美味しかったのでおすすめです。

ツナサンド 500円

ヘッケルンのツナサンド

スライスした玉ねぎのシャキッとした食感、ツナと卵のコラボが美味しい。

おすすめ!タマゴサンド&コーヒープリンセット

ヘッケルンの私が好きな3点セット

私のお気に入りはこの3点セット。

「タマゴサンド」が430円。「コーヒープリンセット」は「ジャンボプリン」 + 「コーヒー(or紅茶)」の定番セットで700円。タマゴサンド、ジャンボプリン、コーヒーの3点で1,130円です。

純喫茶ヘッケルンの醍醐味であるコーヒーとジャンボプリンのセットをベースに、ランチ時などお腹が空いている時にはタマゴサンドも注文しています。お試しあれ~

著名人も訪れる純喫茶

お店には著名人も多く来ているようですが、そんなに強くアピールしていないところに好感が持てます。店内には、吉永小百合さんのサインがありました。

ちなみにテレビ放送では、2016年3月に『マツコの知らない純喫茶グルメの世界』、2018年8月には 『NHK幸せのプリン』 の番組内で森さんのプリンのレシピが紹介されています。最近では2020年10月に『寺門ジモンの取材拒否の店』、2020年11月に『じゅん散歩』で紹介されています。

営業時間・アクセス

営業時間

【月~金】8:00~19:00
【土】8:00~17:00 (第二土曜日は定休日)
【定休日】日曜日・祝日・第二土曜日

電話番号

03-3580-5661

住所・アクセス

お店の所在地は、【 東京都港区西新橋1-20-11 安藤ビル1S 】
新橋、虎ノ門の中間地点くらいのビジネス街の路地裏にあります。

電車でのアクセスは最寄駅の順に、都営三田線 内幸町駅(A3出口から徒歩4分) 、銀座線 虎ノ門駅(1番出口から徒歩5分)、日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅(徒歩7分)、 JR 新橋駅(日比谷口/北口/烏森口から徒歩10分)です。

お持ち帰り・テイクアウトについて

基本は店内飲食のみですが、 お願いベースで持ち帰りへの対応もしてくれるようです。(お店の混雑状況など、状況次第)

店内で食事をしたあとに、ジャンボプリンを家族用に持ち帰りできるか聞いてみたところ、持ち運びの時間が30分程度ということでOKしてくれました。帰り際にプリンをカップに入れて渡してくれました。

ヘッケルンのジャンボプリン持ち帰り用

店主にとってはカラメルソースが命。
長時間プリンを持ち運ぶとなるとカラメルソースのとろみが失われてしまうため、せっかく1時間以上かけて作ったソースが本意でない状態になってしまいます。

本来の美味しさを味わって欲しいという配慮から、持ち帰りをお断りすることもあるそうです。優しいなぁ~。

withコロナのご時世、TAKE OUTやデリバリーへの対応は状況によって変わるかもしれませんのでご了承ください。

ジャンボプリンはお店で食べた方が絶対においしいです😋

公式サイトやSNS

ヘッケルンの公式サイトを探してみましたがありませんでした。ブログ、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSも一切やっていません。

Webマーケティングで集客するよりも、お店に来てくれる人の繋がりを大切にしているのだと思います。 調べてみると「ヘッケルン」 のGoogle月間検索数は平均1,000回/月ほどありました。他の検索エンジンも合わせれば、月2,000回ほど検索されています。

実際、お店に来たお客さんやメディアがインターネットで紹介してくれています。口コミで評判を知り、初めてお店に行く人も迷わずに足を運べますね。

食べログの口コミ情報はありました。お店に訪問したお客さん達によってツイッターやインスタグラムでもハッシュタグ「#ヘッケルン」をつけて投稿されています。興味がある方はそちらもご参考くださいませ♪

寺門ジモンさんのYoutubeチャンネル(2021年10月)でもヘッケルンさんが出ていました。お店の魅力がわかると思いますのでご参考までに。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

著者

【ニックネーム】のびこ( nobi-ko )
【居住エリア】東京都
【経歴】主婦・英語教室の講師、アドラー心理学カウンセラー
【趣味】ランニング・映画鑑賞・ダイエット
【自己紹介】観葉植物の成長している姿を見るのがうれしい♪

目次表示
上へ
目次
閉じる