東京で食う名古屋めし「あんかけスパゲティ」

名古屋めしの「あんかけスパゲティー」を食べてみたいと思い、東京で食べられるお店を探してみました。名古屋人のソウルフード「あんかけスパ」(略称)とは、どんな食べ物なのか、簡単にご紹介もしたいと思います。

目次

あんかけスパゲティー(東京で食べられるお店)

パスタ・デ・ココ(PASTA DE COCO)港区西新橋烏森通店

私が初めて食べたあんかけスパゲティは、新橋にあるCoCo壱番屋の系列のお店です。

極太麺を使った名古屋名物「あんかけパスタ」を楽しめる店。ソースは、ノーマル、マイルドスパイシー、スパイシーの3種類から選べます。写真は定番の「ミラカン」です。

あんかけスパゲティーとは?

どんな料理?

名古屋の地元民から「あんかけスパ」や「あんスパ」と呼ばれる、名古屋名物の一つ「あんかけスパゲティ」。茹でたスパゲティにソースを和えるイタリアのパスタとは異なり、あらかじめゆで置きしておいた太いスパゲッティを、焼きそばのように、ラードや植物油で炒め、中華料理の餡のような粘りとコクのある辛味の効いたソースがかかった料理です。

あんかけソースはどんな味?

胡椒をたっぷりと使うため、ソースに辛みがあります。味のベースはトマト味です。

トッピングとメニュー名

野菜トッピングは「カントリー」、ソーセージ、ベーコン等の肉類トッピングは「ミラネーゼ」または「ミラネーズ」と呼びます。

肉と野菜の両方盛りについては「ミラネーゼ」と「カントリー」の頭文字を足して「ミラカン」と呼ぶ店が多くあります。これが最も定番のメニューのようです。

また、魚介類のフライをトッピングしたものを「バイキング」と呼ぶ店もあります。

発祥と元祖

料理そのものは、後に独立して『スパゲッティハウス ヨコイ』を立ち上げた横井 博さんが『そ~れ』で働いていた時期の1961年(昭和36年)に生み出したことが発祥といわれています。そのような経緯から、発祥は「そ〜れ(地下鉄 栄駅)」、元祖は「ヨコイ (地下鉄 栄駅)」という感じで、棲み分けがされているようです。

【検索数を調査】関連語チェック

「あんかけスパゲティー」は、どれだけ検索されているのか、気になった関連語の月間検索数を調査した結果はこちらです。

(2020年9月14日時点:Google月間検索数:過去1年の平均)

  • あんかけスパ(14,800回/月)
  • あんかけパスタ(8,100回/月)
  • あんかけスパゲティ(4,400回/月)
  • ミラカン(880回/月)
  • あんスパ(440回/月)

検索エンジン全体で考えたら月に4~5万回ぐらいでしょうか。「あんかけスパ」と検索する人が一番多いようです。

「不思議な味」といわれるあんかけスパゲティ、いったいどんな味なのか気になってきましたか・・・? この酸味と胡椒辛さの合わさったソースの味は、食べてみないと絶対にわかりません。名古屋を訪問されたら、ぜひ一度食べてみてください。

「あんかけスパ」のお店にはそれぞれに違いがあって、ソースと麺、具材には各店のこだわりがつまっています。二度、三度と食べるとやみつきになる味ですよ!

元祖の味を通販で味わう

元祖「スパゲティハウス ヨコイ」のあんかけソースは、通販で購入することができます。名古屋のお店までは遠い・・・という方。自宅で元祖「あんかけスパ」の味を体験したい時には、手軽な通販が使えます。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

著者

【ニックネーム】のび志朗( nobishirou )
【居住エリア】東京都
【性別・年齢】男性・40代
【経歴】会社員・プロジェクトマネージメント・Webマーケティング・会社経営
【趣味】水泳・バイク・アウトドア
【自己紹介】30代中盤から血糖値が高くなってきたのでその対策として利用したサービスの情報をレポートしています。

目次表示
上へ
目次
閉じる